​役に立つ毛髪・育毛理論

髪のダメージについて

髪の毛は、一度傷んでしまうと、その度合にかかわらず、元の状態の戻ることはありません。

パーマやカラーリングの薬液の作用によるものや、紫外線、プールの塩素、ドライヤー、アイロンの熱、etc…。

どんなに使用感の良い、高価なヘアケア商品を使用したとしても、あくまで疑似的に手ざわりを良くしているだけなのが実態です。​

サロンで使用している業務用の毛髪処理剤も例外ではありません。

髪の傷みが治る、ダメージが全く無い、などという薬剤はないということです。

​(ダメージが少ない、というものはありますが。)

​以上のことから、髪のダメージをなるべく少なくしながらパーマやカラーの施術をすることが重要になるのですが、パーマやカラーを施さなくても、シャンプーや、ドライヤーで髪を乾かすだけの行為でも、日々繰り返すことで少しずつ髪は自然に傷んできます。

 

普段からのヘアケアの仕方も、意識することが大事といえます。

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now